原点に戻る

人間関係というのは、時として煩わしいものです。

特に、知人や親戚ともなると、氣を使います。

 

わたしも一時、そのことであれこれと悩んだことがあります。

 

わたしの中に、

 

嫌ってはいけない

仲良くすべきだ

 

との思いが、強くあったからです。

 

ですが、ある時から考え方を変えました。

 

知人であるとか親戚であるとかの枠組みを外してしまえば、要は人間対人間。

 

だったら、わたしはわたしらしくあればいい。

 

これが、わたしです

 

と、飾らない自分を見せていくしかない。

 

 

これは、諦めではありません。

ましてや、開き直りでもありません。

 

しいて言うなら、

 

原点に戻る

 

でしょうか。

 

 

その結果、相手がどう受け取るかは、相手次第。

こちらがコントロールできるものではありません。

 

もし、素直に受け止めてもらえなければ、それは素直に受け取られない人なのです。

素直に受け止めたくない人なのです。

 

開かない扉をノックするのは止めましょう。

 

 

 

歪んだ人は、歪んだ人生を生きるだけのこと

 

 

そう思えるようになってから、氣が楽になりました。

 

 

だけど、時には、友人に愚痴をこぼしてみたり、信頼できるセラピストさんに話してみるのもいいかもしれません。

 

自分の心は自分にしか癒せないのだから、心の中に澱が貯まってきたならお掃除すればいいだけのことです。

 

 

あ!

一応? わたしもセラピストで~す!!