告白

告白します!

 

かつて、わたしはお巡りさんに捕まったことがあります。

のみならず、そのお巡りさんに悪態をつきました。

 

 

 

それは、わたしが離婚したての頃のことです。

離婚できたてホッとする氣持ちと同時に、心の中には不安や心配が渦巻いていた、そんな時期の出来事です。

 

 

 

その時わたしは車を運転していました。

辺りは極めて見通しのいい、人はおろか猫の子一匹いない田舎道。

道路の先には、『一旦停止』の交通標識が。

 

 

もちろん、どんなに見通しのいい、人はおろか猫の子一匹いない道だって、わたしは交通ルールを守ります。

一旦停止ラインでキュッとブレーキを踏みました。

そして左右を確認すると、ポンっと発信したのです。

 

突然、草むらの陰から現れた一台の白バイに車を止められました。

 

なんで?

 

 

不信顔で見ると、まだ年若いお巡りさん。

 

 

運転手さん

 

 

お巡りさんが話しかけます。

 

 

あそこ一旦停止だったの知ってますよね

 

 

はい。わたしちゃんと止まって左右を確認しましたけど

 

 

いえいえ、止まるというのは、今のこういう状態を言うんですよ。

 

 

はぁ ?

 

 

嫌がらせかと思いました。

難くせつけられている氣分になりました。

 

確かにキュッ・ポンだった。

確かに、今のような状態では止まらなかった。

 

 

でもね

 

だけどね

 

あのね

 

 

だいたい、こんな田舎道でいかにも人が違反しそうな場所で張っててさぁ、他にもっと捕まえるべき人間はいるんじゃない?

 

というのが、その時わたしの正直な感想。

 

 

 

 

お巡りさん、あなた、わたしが軽自動車に乗っている女だから捕まえたんでしょ

こんな田舎道より広い道路で、もっと危ない運転している車はいっぱいある

だいたい、わたしは、これまでヤクザが捕まっているところなんて見たことがない

お巡りさんは、わたしが女で捕まえやすいと思ったから、捕まえたんでしょ

 

と食って掛かりました。

 

 

なんせ、わたしは離婚したての精神状態も不安定な時期。

 

 

 

すると、この若いお巡りさん、

 

 

そんなことはない。

僕はヤクザだって、ちゃんと捕まえる

 

 

って、言い返してきたんです。

 

「なんなのよ」とばかりに、わたしも言い返します。

 

 

だいたい、わたし離婚したばかりで、もし事故を起こしたって悲しむ人なんていない

だから、どうでもいいんです

どうなったって構わないんです

 

 

ほとんど八つ当たり。

荒んでいたんですね。

 

 

すると、彼はこう言いました。

 

 

何を言うんです。

あなたが元気でいてくれれば、僕は嬉しい。

 

 

え?

 

 

今、なんて言いました?

 

 

あなたが元気でいてくれれば、僕は嬉しい

 

 

って、言いましたよね。

 

わたし、思わず泣いてしまいそうになりました。

 

 

冷静に考えてみれば、実家の家族や友人など、わたしを氣遣ってくれる人たちはいたはずです。

でも、その頃のわたしは、

 

味方なんて一人もいない

一人っきり

 

そんな氣分でした。

 

 

そこに、

 

あなたが元気でいてくれれば、僕は嬉しい

 

 

って。

 

 

そんな優しいこと言って…

この言葉が心の中にじわじわと広がって、泣きそうになったのでした。

 

と同時に、

 

 

警察官って、こんな話方も学ぶのか

 

 

と思う気持ちもあったりして。

 

どこまでも、言葉に対する興味の尽きないわたしなのです。

 

 

結局、わたしの状況に同情してくれたのか、あるいは違反というほどのことでもなかったからなのかはわかりませんが、違反切符を切られることはありませんでした。

 

 

こういう後が一番危険なんです

すぐに走り出さないで

ここで深呼吸を2~3回してから発進してくださいね

 

 

お巡りさんは、そう言って走り去っていきました。

 

 

心が荒んでいる時は、ついひねくれたことを言ってしまいがち。

でも、そんな荒んだ心にも、温かい言葉はちゃんと届くのだなぁ。

 

わたしの実感です。

 

⇒連載プロフィール目次