人生の選択

 

昨日の新聞に出ていた記事。

 

 

本やCDなどの、不正コピーやダウンロードが多いようです。

 

本や音楽の製作者(著者など)は、印税で生活をしているわけで…

 

 

印税で生活できるなんて、楽でいいじゃ~ん

 

と思う人もいるかもしれませんが、その作品が世に出るまでに、

どれだけの人の能力・労力、そして時間が費やされていることか。

 

 

 

「人のものをかすめ取る」ということは、「自分のものをかすめ取る」ことを人に許こと。

 

つまり、取って取られてという人生を選択しているわけです。

 

 

今は、ただで見たいものを見られてラッキー!と思っているかもしれないけど、

それは、何かにつけてかすめ取られていく人生が、これから待っているということでもあります。

 

 

そういう人に言うこと?

 

 

そうですねぇ、彼らのこれから先の人生を思うと、

 

お疲れさまです

 

かなぁ~