『 思う 』 ことと 『 言葉にする 』 こと

人間関係について語られるとき、なんでも言い合える関係が良いとよく言われますが…

 


 

日常生活を送る中で、わたしたちは日々いろいろなことを思いながら暮らしています。

 

嬉しい

 

とか、

 

ありがたい

 

とか、

 

良かった

 

と、思えることばかりならいいのですが、

 

あれ?

 

とか

 

おいおい

 

とか、

 

勘弁してほしいなぁ

 

なんて、思うこともあります。

 

 

 

 

それらを、思いつくままに、次から次へと言葉にしてしまうなんてこと、ありますか?

たとえ仲のいい友人と一緒でも、すべて思ったことを言葉にしているとは限りませんよね。

 

 

 

心に『思う』ことと、『言葉にすること』は、イコールではありません。

また、イコールがベストなのでもありません。

 

思ったことを言葉として発するまでの間には、ハードルのようなものがあります。

 

そのハードルは、思った内容と伝えようとしている相手との関係性によって、

あるいはその場の状況などによって、それぞれに高さが変わってきます。

 


 

たぶんコミュニケーションの苦手な人というのは、このハードルの高さの調節が苦手な人。

 

かく言うわたしも、かつては苦手でした。

⇒ブログ「確かな人間関係」

 

それでトラブルに巻き込まれたことも一度や二度ではありません。

かなり深刻な問題に襲われたこともあります。

 

けれど、心と言葉の関係や、ハードルの高さの設定の仕方、言葉の持つ本来のエネルギーなどについて知ると、

こんなトラブルに巻き込まれることは、確実に減ってきます。

 

 

 

特に、

 

人間関係に苦手意識をお持ちの方

 

そんな方向けの新しい講座を9月からスタートさせます。

 

 

あけと流ことだま講座 

≪ ことばひらきコース≫ 

です。

 

 

人間関係に振り回されるのではなく、自分の望む人間関係を築く。

それには、言葉を使いこなせるようになることです。

 

講座を受けていただけば、言葉はあなたにとって苦手なものなのではなく、

あなたを自由にしてくれる最高のツールであることが納得できるでしょう。

 

9月スタート!!

あけと流ことだま講座

≪ ことばひらきコース ≫

 

 

日本語や言霊について、じっくり学んでみたいという方は、こちらをどうぞ

≪ あけと流ことだま講座 ≫

初級編

中級編

上級編

 

* * * * * * * *

 

お問い合わせは、こちらまで

 

⇒日本語が大好きだ!

 

⇒『 生まれて初めて小説を書く 』