『品』と『品格』

かつて、『〇〇の品格』なる本やら言葉やらが、世間を賑わしたことがありますが…

 

辞書を調べてみれば、『品格』の意味もわかるのですが、

ここではわたしなりの考えを書いてみたいと思います。

 

 

『品格』は、

品+格

 

この『格』というやつが曲者だと思うのです。

 

『格』から連想される言葉は、

 

格上・格下

格付け

 

ですかね。

 

つまり、他者との比較です。

比較して、判定する。

 

 

『格』という言葉には、そんなイメージが付きまといます。

 

そこが、ちょっと、わたしは好きになれない。

 

 

かくしてわたしは、上品な文書を書きたいとは思うけれど、

品格のある文章を書きたいとは思わないし、書けないなぁと思うのです。