思いつきのひと言

古い文芸仲間から、恩師の訃報を受け取った。

 

しみじみとした悲しみが、わたしの中いっぱいに満ちている。

 

 

たとえ、お会いする機会がなくても、師の存在そのものが、わたしの『書く』ことにおける支えだったから…

 

 

 

 

と同時に思うのは、

 

 

人の死について、しんみりと考えたり、思いにふけったりできるということは、ある意味とても幸せなことなんじゃないかということ。

 

 

あるいは、それだけ大人になったということか。

 

父が亡くなった時には、悲しみを感じる余裕がなかった。

 

 

 

というより……父の死を受け入れる勇気がなかったんだね、きっと。