《あけと》の解剖 ことだま編

2015年にホームページをリニューアルするにあたり、屋号をつけようと思い立ちました。
 
 
いつもは、イベント等で、ひと様のリーディングなどさせていただいておりますが、
自分自身のことを、わざわざハイヤーセルフに尋ねることは、ほとんどしません。
 
 
必要なメッセージは、夢などで受け取れるからです。
 
 
 
 
 
ですが、屋号はホームページ作成の期限もあり、降りてくるのを待っている余裕はありませんでした。
 
 
 
 
といわけで、珍しく改めてハイヤーセルフに尋ねてみました。
 
 
 
 
すると、降りてきたのは、
 
 
 
 

あけと

 
 
 
 
という3文字。
 
 
 
 
屋号には向いている文字数では、ありますが、
 
 
 
 

あけと~?

  

なんだ、そりゃ

 
 
 
 
って感じでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなときこそ、
 
 
 
 

ことだま・数霊です!

 
 
 
 
 
で、本日は
 
 
 
 

ことだま編

 
 
 
 
《あけと》のことだま翻訳は、
 
 

愛を放って統合する

 

 

 
 
セッションを例にとって表現するなら、
 
 
 
 
クライアントさんに愛を持って接し、
その方の、悩みや迷いで乱れた気持ちを落ち着かせ、
まとめることによって、未来へ照準を向けていただく。
 
 
 
 
そんな、イメージになるでしょうか?
 
 
 
 
ことだまではありませんが、
 
 
 
 
 
《あけと》に漢字を当てはめるなら、
 
 
 
 

開け戸

 
 
 
になります。
 
 
 
 
そこから、ごあいさつの文章は、できました。
 
 
そして、それに合わせて、ロゴマークも作成していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしのセッションや講座を通して、
みなさまが、明るい未来への扉を開けてくださるなら、
こんな嬉しいことはありません。