数靈では、どうかな?

数靈(かずたま)は、ひらがな一音一音に固有の数を足すことで求めることができます。
 
 
その点は、数秘と似てますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、ことだまでは、「こ」と「ご」は、同じエネルギーでも、向かう方向が違うと書きました。
 
 
 
 
 
 
 
でも、数靈では、「こ」と「ご」では、当てられている数が違います。
 
 
 
 
 
さて、それでは、まず「ごとう」です。
 
 
 
数靈の合計は、
 
 

72

 
 
夢に向かって現状を打ち壊して先へ進む光のエネルギーがある。
 
と同時に、闇の方向へシフトすると病を引き起こす可能性がある。
 
そんな両極端のエネルギーを持つ。
 
自分の軸を今一度見直し、山頂を目指しながら、軸をずらさず進むこと。
 
 
 
 
 
 
 
「ゆみこ」は、
 
 

80

 
 
毅然と立ちながら、希望の道を照らす数靈。
 
闇の世の中にあっても、堂々と立つ明王の如し。
 
すべてを救い上げ、希望へと進んでいく大志とかかわりがあるため、
指導者的役割を担うことも多い。
 
 
           (参考図書:「数霊」の超メッセージ )
 
 
 
(写真は、ネットより拝借しました) 
 
 
 
さて、改めて数靈から自分を見つめ直してみると、面白いものです。
 
 
 
両極端のエネルギーを持つ「ごとう」という姓。
 
 
具体的なことを書くのは差し控えますが、夫の兄弟を見ていると、
なるほど~と、すごい納得感があります。
 
 
 
 
 
ことだま解釈のところでも書きましたが、エネルギーは抽象的なものです。
 
そのエネルギーをどの方向へ向けるかで、現実は大きく変わります。
 
 
そのことを、改めて理解しました。
 
 
 
 
 
名前の方ですが、例えば危機に見舞われたとき、しばらくは右往左往しますが、
少し落ち着くと、わたしはこう考えます。
 
 
 
 
自分が堂々としていられるためには、どうすればよいか?
 
 
 
 
 
もし、危機を回避するために、その場しのぎの嘘をついたとします。
 
 
 
すると、
 
 
 
 
自分は嘘をついた
 
 
 
 
という後ろめたさを、ずっと抱えて生きていかなければなりません。
 
 
 
 
 
あるいは、一つの嘘を誤魔化すために、
更に嘘を重ねなければならないかもしれません。
 
 
 
 
 
それは、堂々としていられないということです。
 
 
 
 
 
だったら、最初から嘘をつくのをやめておこう
 
 ごめんなさい
 
 
 
って、謝っちゃえ~!
 
 
例えていうなら、そんな感じでしょうか。
 
 (あまりいい例えじゃないなぁ)
 
 
 
 
 
 
わたしの一番好きな言葉
 
 
 

凛とした

 

 

 
 も、数靈とリンクしていますね。
 
 
 
 
 
 
子供の頃は、クラスに必ず二人はいた「ゆみこ」という名前
 
実はあまり好きではありませんでした。
 
 
 
 
でも、ことだまや数靈のことを知っていくと、
自分の名前がどんどん好きになっていきます。
 
 
 
そんなチカラを与えてくれるのが、ことだま・数靈なんです。