ことだま翻訳してみました~

「姓」と「名」には、それぞれの働きがあります。

 

わかりやすく例えるなら、

 

「姓」は、川(河、あるいは海)

「名」は、そこを泳ぐ魚

 

です。

 

 

 

 

クジラが立派で、メダカが悪いのではありません。

 

 

 

クジラが小川のせせらぎの中では生きていけないように、

メダカも海では生きてはいけません。

 

それぞれが、それぞれに適した生き方をすることが、一番の幸せです。

 

 

 

自分がどんな流れにいる、

どんな魚なのかを知ることは、

自分の個性を生かしながら、

楽に上手に生きていく方法を知ることにつながります。

 

 

 

 

それでは、わたしという人間は、どのような流れにいる、どんな魚なのでしょうか。

 

 

 

それを知るために、まずは「姓」のことだま翻訳をしてみます。

 

内側で完成した個性という潜在力

 

これが、「ごとう」という姓のことだま翻訳、

つまり、家系のエネルギーイメージです。

 

 

 

次に、その流れの中にいるわたしという魚について。

 

 

湧き上がる本質を完成する

 

 

「ゆみこ」をことだま翻訳すると、こんなエネルギーイメージになります。

 

 

 

「こ」と「ご」では、エネルギーの流れが違ってくるので、翻訳も少し変わっています。

 

 

 

 

 

さて、ここで質問です。

 

 

全国の「ごとうゆみこ」さんは、みなさん同じような性格で、同じような人生を歩んでいるでしょうか?

 

 

 

違いますよね。

 

 

 

当たり前といえば、当たり前の話ですが、これをことだまという視点から説明してみます。

 

 

 

 

例えば、名前のことだま翻訳

 

 

湧き上がる本質を完成する

 

 

これは、あくまでエネルギーイメージです。

 

 

どこから「湧きあがる」、どんな「本質」を、どういう形で「完成する」のか。

 

それは一人一人違います。

 

 

同じ人間であっても、置かれた環境や、年齢によっても変わってきます。

 

 

 

 

それでいいのです。

 

 

 

 

 

エネルギーは、抽象的なものです。

 

それを、己の人生の中で、どのような形で具体化するのかは、それぞれの人の自由です。

 

 

例えば、今のわたしは≪ あけと流ことだま講座≫というのを随時開催しています。

 

 

「ことば」の音から湧き上がる「ことだま」という本質を、講座という形で完成する。

 

 

これが、今のわたしのエネルギーを生かした生き方です。

 

そして、この生き方は、わたしの中で熟成してきた個性という流れの中でこそ、最も輝くのです。

 

 

 

 

 

 

それが生きるということだと、わたしは思います。

 

 

つまり、

 

 

人生は、自分で創るもの

 

 

なのですね。