9.夢のお告げは百発百中!

父が亡くなったのが、2月6日。

10日後の2月16日が、私立高校の入試でした。

その日の朝、不思議な夢を見て、起きるなり「受かった、受かった」と言いふらした私でした。

 

   前回のお話は、こちら ◎◎◎

 

そして、1か月後の3月6日が公立高校の入試日。

その日の朝は、特に夢も見ず、

 

あの時は、お父さんが死んだばかりだったから、特別だったんだな

 

なんて思いつつ、無事試験を終えたのでした。

 

サクラ

 

その頃の愛知県では、公立高校の入試は学校群制でした。

わたしも、〇群A校B校という学校群を受けました。

A校は、亡き父の母校。

B校は、名古屋市の外れにある可もなく不可もなくといった感じの高校です。

母には、3人の子供のうち、一人くらいはA校にとの思いがあったようです。

けれど、A校は、昔、愛知一中と言われていた、県下でもトップクラスの進学校です。

もし、そんなところに振り分けられたりしたら、わたしは落ちこぼれになりかねません。

母の思いとは裏腹に、わたしはB校に振り分けられ、そこそこの成績でノンビリとした高校生活を送りたいと願っていました。

 

さて、合格発表の日の朝、またまた夢を見ました。

それは、B校の方の掲示板にわたしの受験番号が載っているというものでした。

わたしは起きるなり、母に言いました。

 

わたし、B校だから

 

何言ってるの。これから見に行くんでしょ。

 

母が呆れたように答えます。

 

それから、2人で一緒に合格発表を見に行きました。

母は、いそいそとA校の合格者が貼り出されている掲示板の方へ。

わたしは、当たり前のようにB校の方へ。

 

もちろん、わたしの受験番号は、B校の方の掲示板にありました。

 

その後も、大学入試から就職試験の結果まで、すべて事前に夢で結果がわかりました。

まさに、百発百中です!

9f184e342697a56b831ff19a9a3fa576_s

 この話をすると、回りの人からは、よく「前もって分かるなんて、いいなぁ」と言われます。

でも、落ちるのも分かってしまうってのは、結構辛いものがありますよ。

 

なにはともあれ、わたしは無事希望する高校へと進学が決まり、ノンビリとした高校生活を送ることとなったのでした。

 

◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩●●●