生まれて初めて小説を書く

雑誌LEEの読者レポーターに応募するために作文を書いたことで、わたしは子どもの頃文章を書くことが好きだったことを思い出しました。

 

 ⇒☆☆☆読者レポーターに選ばれる

 

 

書きたくて書きたくて仕方がなくなったわたしは、当時住んでいた四日市でとある文芸サークルに入ることにしました。

講師のS氏の人柄に惚れ込んだからです。

 

その文芸サークルでは、毎月S氏からテーマが出題されます。

そのテーマについて、エッセイでも小説でも良いので、原稿用紙一枚にまとめてくる。

 

そういう宿題です。

 

この宿題は任意であって、強制ではありません。

 

ですが、わたしは参加する以上、毎月必ず書いていこうと決めました。

 

fad3673a5448d337bdf618eff9a23975_s

 

早くから書き上げられることもあれば、家を出る直前まで机に向かっていたことも何度もあります。

 

けれど、必ず書いていきました。

 

それが、楽しかったからです。

 

楽しくて楽しくて仕方がなかったからです。

 

 

 

 

そして、これがその後とても大きな意味を持ってくるのでした。

 

 aeec9fc694b3b745f5be56064635b8e3_s

 

 

精神的にきつかった結婚生活の中で、書くことが私の生き甲斐となりました。

 

原稿用紙の中で、わたしは自由でした。

 

わたしは書くことに、光を見出したのでした。

 

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s

 

 

そうして、一年が過ぎた頃、同じサークルのメンバーが四日市文芸賞で佳作や大賞を取っていることに氣がつきました。

 

 

わたしも、小説というものを書いてみようかな

書いてみたい

 

 

そう思いました。

 

 

わたしは小さいころから本を読むのが大好きでした。

なので、これまでこれまでに数えきれないほどの小説を読んできていたはずです。

ところが、いざ小説を書こうと思い立ったとき、途方に暮れました。

 

何から始めればいいのかわからなかったのです。

 

そこで、回りのすでに小説を書いている方々に、

 

 

小説って、どうやって書けばいいのですか?

 

 

と聞いて回りました。

 

みなさん口を揃えて、こうおっしゃいました。

 

 

人それぞれだから、好きなように書けばいい

 

 

けれど、わたしには、その「好きなように」のネタ元?が何もないのです。

色々知っていればこそ、そこから自分の『好き』を選び出すことができるのです。

 

何も知らないのですから、わたしはわたしの『好き』が何なのか、わかりません。

 

わたしは、いよいよ途方に暮れました。

 

そのとき、ふと思いついたのが、毎月書いていっていた一枚原稿の宿題です。

すでに1年は経っていましたから、12枚は書いたことになります。

 

 

そうか!

あの宿題を、同じテーマで書き続けたなら、原稿用紙12枚分の小説になるはずだ!!

それなら書ける!!!

 

 

そうして、わたしが初めて書き上げた小説は、原稿用紙20枚足らずのオムニバス形式の小品でした。

 

ab10e8e254dbb0706308407f27300bed_s