34.漆黒の闇と魔法の呪文

どん底の頃に、こんな夢を見ました。

 

 

 

見渡す限り漆黒の闇。

ただ暗いのではありません。

ほのかな明かりやコメ粒ほどの光もない、漆黒の闇。

 

けれど、その闇の向こう側に光り輝く太陽があることを、

わたしの心は知っている。

 

 

そんな夢です。

 

 

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s

 

 

 

目が覚めたとき、

 

もしかしたら、わたしはここから抜け出せるかもしれない。

 

と思いました。

 

確信と言うほどのものではありません。

 

その夢を見たからといって、にわかに力が湧いてくる、

なんてことでは決してありませんでした。

 

 

 

ほのかに漂う気配

 

 

 

そんな表現が、一番しっくりくるでしょうか。

 

 

c11ecff348a591edb6e3701cc41b0611_s

 

 

 

派遣で単発の仕事をしながら正社員の口を探すという当初の計画は、

早くも頓挫していました。

 

 

わたしが出した結論は、

 

 

 

派遣社員として働く

 

 

 

ということでした。

 

 

わたしの望みは正社員になることです。

 

それも、ある日突然クビにされるようなことのない、

身分がきちんと保証された雇用体制の整った会社への就職です。

 

電話一本でクビにされるなどという理不尽な目には

二度と遭いたくありませんでした。

 

欲しかったのは安定と保証です。

 

 

なのに、派遣社員で働くことを決めるというのは

矛盾しているようでもあり、大きな賭けでもありました。

 

 

当初、派遣社員になってしまったら

正社員になるチャンスがなくなると考えていました。

 

しかし、そうでなくても、正社員への道は簡単には開けませんでした。

 

そこで、腹をくくって派遣社員としての実績と信用を作ることに決めたのです。

 

 

最初から正社員になりたいけど派遣で働きますというのは、

相手先に対して失礼だと思いました。

 

なので、とにかく派遣社員として一生懸命に働いて、

1年経ったら自分の置かれた境遇と正社員になりたいという希望を持っていることを

派遣元の上司に話そう。

 

そう決めました。

 

 

230f18d2c96883092cf2484455235fd8_s

 

 

 

派遣先は、すぐに決まりました。

 

損害保険関連の社団法人です。

 

そこは、よく人にも言うのですが、

わたしにとっては、まるで湯治場でした。

 

社団法人なので、あからさまに数字を追いかけることはありません。

 

 

例えば、営業なら

「今月の目標〇〇件成約!!」

「打倒T社!!」

 

 

事故処理なら

「目指せ! 自己受付から〇〇日以内の処理!!」

 

 

といった類のスローガンが壁に貼られているのが、

損害保険会社の常であるわけですが、そういうものがなくてすっきりしています。

 

職員のみなさんも、どこかほのぼのしている。

 

(ごめんなさい。一人一人は、一生懸命働いていたと思うのですが、

損保の雰囲気を知っているわたしには、そう見えてしまったのです)

 

 

そんな職場で、わたしは徐々に自分に対する自信を取り戻し、

人間不信も払しょくされていきました。

 

 

 

けれど、単調な仕事をこなしていると、時折、

 

 

どうして、この人たちが職員で、わたしが派遣社員なんだろう

 

 

という思いが、どうしようもなく湧いてきてしまうのです。

すると、どうしても気持ちが重く暗く沈んでいきます。

 

 

 

どうしたら、明るく前向きな気持ちになれるだろう。

 

 

 

考えました。

 

 

 

そこで思いついたのが、こんな呪文です。

 

 

 

今に集中

自分に集中

 

 

 

ちょうど、その頃していたのは、登録カードのメンテナンスの仕事でした。

 

登録カードというのは、ハガキより一回りくらい小さい薄い紙でできたカードです。

カードというより紙片という方が近いようなものです。

 

それが、一つのケースに何百枚もずらっと並んで入っています。

 

その中からメンテナンスの必要な一枚を取り出して、内容を修正していく。

それが、その時していた仕事です。

 

何百枚もある中から、薄い紙一枚を探し出すのは、なかなかに面倒な作業でした。

 

ところが、

 

 

 

今に集中

自分に集中

 

 

 

と唱えると、あら不思議。

目指す一枚が、ドンピシャで見つかるのです。

探す暇もないのです。

 

 

 

この辺かな

 

 

 

辺りを付けたところに、まさに目指す一枚があるのです。

 

まるで、魔法のゲームのようでした。

面白くて仕方ありません。

 

わたしは、呪文を唱えてはカードを見つけていきました。

作業はとんとん拍子にはかどりました。

 

 

 han0204-049

 

 

やがて1年が経ちました。

 

 

派遣会社の上司がやってきました。

(年に数回、上司が様子を見に派遣先を回っていたのです)

 

 

 

今だ。

今、話さなければ。

 

 

 

わたしは、離婚して実家に居候していることや、

正社員になって自立を目指していることなどを正直に話しました。

 

 

 

わかりました。

就職先を探してみましょう。

 

 

 

上司はそう言って帰っていきました。

 

 

 6ca32c15b1e8292fec5a198e8b528a1f_s

 

◎◎◎  ⏪ 前  続く⏩⚫⚫⚫

連載プロフィール目次 ☆☆☆