ごあいさつ

「あけと」には、扉をあけるという意味があります。
様々な氣づきに出会って、人生の新たな扉をあけて欲しい。
そんな願いを込めて名づけました。
ことだまが宿るといわれている日本語に関するワークショップや、氣づきがもたらすより良い人生のためのセミナー等を行っています。
あなたの人生を変える「氣づき」を見つけてみませんか?


ごとうゆみこ近影

ごとうゆみこ紹介

本に囲まれて育った私は、いつも本を読んでいました。
読むだけでなく、書くことも好きだった私は、学校で書いた作文を家で音読しては両親に褒められて育ちました。
書くことと読むことは、私にとって当たり前の日常でした。
15歳で父を亡くしてからは、21歳で就職したのですが、そこでいじめに遭い、守ってもらえると思って結婚した夫からはモラハラを受けるという、言葉の破壊力を体感する日々を送りました。
そんな中、ふと応募した女性誌のレポーター募集に応募し当選したのをきっかけに、文章を書くことが好きだったことを思い出し、小説を書いて四日市文芸賞も受賞。
その後、離婚、ペットロス症候群、失業、再就職と続き、49歳で運命の人と出会い再婚、51歳で退職。
ネタには事欠かない人生です。


ブログ

八咫烏に魅せられて・・・ ②
2018年07月21日
那智の旅二日目は、 熊野古道の散策に 熊野那智大社、 青岸渡寺の参拝。そして、「那智の扇祭り」 通称「那智の火祭り」の見学です。 熊野古道は、昔2か所
美味しいものを美味しく
2018年07月20日
今日は、塩ねえさんとランチをしてきました。 伺ったのは、コレド室町の ラ・ボンヌターブル    スパ
目指せ、人生の目利き!
2018年07月18日
昨日は、 有田焼のルーツを探る~ 目利きになるには ~ という会に参加してきました。 テレビ東京の「なんでも鑑定団」でお馴染みの、
連載小説『お由布』 あとがきに代えて
2018年07月17日
『お由布』は、元は原稿用紙30枚ほどの 短編でした。第79回オール讀物新人賞に応募し、3次選考まではいったのですが、あえなく敗退。そこを超えれば最終選考だったの