ごあいさつ

「あけと」には、扉をあけるという意味があります。
様々な氣づきに出会って、人生の新たな扉をあけて欲しい。
そんな願いを込めて名づけました。
ことだまが宿るといわれている日本語に関するワークショップや、氣づきがもたらすより良い人生のためのセミナー等を行っています。
あなたの人生を変える「氣づき」を見つけてみませんか?


ごとうゆみこ近影

ごとうゆみこ紹介

本に囲まれて育った私は、いつも本を読んでいました。
読むだけでなく、書くことも好きだった私は、学校で書いた作文を家で音読しては両親に褒められて育ちました。
書くことと読むことは、私にとって当たり前の日常でした。
15歳で父を亡くしてからは、21歳で就職したのですが、そこでいじめに遭い、守ってもらえると思って結婚した夫からはモラハラを受けるという、言葉の破壊力を体感する日々を送りました。
そんな中、ふと応募した女性誌のレポーター募集に応募し当選したのをきっかけに、文章を書くことが好きだったことを思い出し、小説を書いて四日市文芸賞も受賞。
その後、離婚、ペットロス症候群、失業、再就職と続き、49歳で運命の人と出会い再婚、51歳で退職。
ネタには事欠かない人生です。


ブログ

アフリカンな日々 その1
2017年10月16日
わたしは、子どもの頃から動物園が苦手です。 全く環境の違う土地へ、仲間と引き離されて連れてこられ、その上檻に入れられている動物を見ると辛くなるからです
吉取り大人のツアー 3回目
2017年10月09日
塩ねえさんと行く〈吉取り大人のツアー〉も3回目となりました。  ⇒塩ねえさんのブログ ➾1回目の様子はこちら    ➾2回目の様子はこちら 
思いつきのひと言
2017年10月08日
わたしくらいの年齢になってくると、いけないこととは思いつつも、若者なら若者を、「今の若者は」と、つい一括りにしてしまいがちだね。 当たり前のことだけど
思いつきのひと言
2017年10月04日
例えば、信号のある交差点で、 夫は、交差点に来てから信号を見て、どちらに渡るか決めるタイプ。 わたしは、交差点へ向かいながら信号を確認して、