ごあいさつ

「あけと」には、扉をあけるという意味があります。
様々な氣づきに出会って、人生の新たな扉をあけて欲しい。
そんな願いを込めて名づけました。
ことだまが宿るといわれている日本語に関するワークショップや、氣づきがもたらすより良い人生のためのセミナー等を行っています。
あなたの人生を変える「氣づき」を見つけてみませんか?


ごとうゆみこ近影

ごとうゆみこ紹介

本に囲まれて育った私は、いつも本を読んでいました。
読むだけでなく、書くことも好きだった私は、学校で書いた作文を家で音読しては両親に褒められて育ちました。
書くことと読むことは、私にとって当たり前の日常でした。
15歳で父を亡くしてからは、21歳で就職したのですが、そこでいじめに遭い、守ってもらえると思って結婚した夫からはモラハラを受けるという、言葉の破壊力を体感する日々を送りました。
そんな中、ふと応募した女性誌のレポーター募集に応募し当選したのをきっかけに、文章を書くことが好きだったことを思い出し、小説を書いて四日市文芸賞も受賞。
その後、離婚、ペットロス症候群、失業、再就職と続き、49歳で運命の人と出会い再婚、51歳で退職。
ネタには事欠かない人生です。


ブログ

≪ あけと流ことだま講座 ≫ 中級編開催します
2017年03月23日
 東京では桜の開花宣言も出され、いよいよ春本番!と言いたいところですが、相変わらず足踏み状態のお天気模様。 ですが、ことだま講座の方は、流れ
シフトチェンジさせてもらえたみたい
2017年03月22日
昨年末から、様々な夢を見て、浄化が進んでいるということを、以前に書きました。そして、前回の夢では、大大大号泣したわけです。 ⏩ 浄化への準備は着々と&
「終わりよければすべてよし」のタイ旅行 ⑩
2017年03月15日
タイに着いて4日目。 朝からゴルフに行き、午後ホテルに戻って荷造り。 そして、夜の便でいよいよ帰国。 そんなスケジュールでした。&
思いつきのひと言
2017年03月14日
苦しいことは不幸だろうか 辛いことは不幸なんだろうか 苦しいとこや辛いことが、幸福へ向かうコースに設定されたハードルと思えば、前向きに飛び越